スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バイトの話
2008年08月11日 (月) | 編集 |
【PC対談】

「うーい、今日も疲れたぞーっとー!」

「僕知らなかったんだけど、栖バイトなんかしてたの?」
「五紀兄ぃ来る前からずっと勤労学生ですのこと。うち高校入ったら携帯代は自分で払えって家庭。あんま行く暇ないから週1回とか2回とかだけどー」
「僕バイトしようかなって言ったら、だめって言われたんだけど…」
「雇う人が可哀想だと思われたんじゃないかなぁ」
「え、酷」
「今ならいける気もするけど、五紀兄ぃうち来たころ風で飛ばされてたじゃん。未だにパパンとママンの中ではすごい語り草だから、アレ」
「と、飛んでないよ。風で飛んできた紙にびっくりしてよろめいただけで…!」
「よろめいたってか、コケたんじゃん。俺こんなのが兄なんて認めないって心に決めたんだ」
「み、認められてなかったの!?」
「ん(こっくり)」
「…認められてなかったの!!?」
「返事聞かなかったことにして聞き直すな」
「他人にすらパパと懐く子が、いつまでも冷たいと思ったら…」
「さめざめ嘆くのやめてよー。うーざーいー! あと友達相手のパパごっことかに無駄に反応するのやめてよー。キーモーイー!」
「だって態度の差が露骨過ぎると思うんだよ」
「五紀兄ぃすぐ兄貴面したがるからムカつくんだも。しかも彼女そっちのけで俺構うから睨まれるしさぁ!」
「…彼女って、誰の?」
「ムカーッ、先越したと思ってそうやって勝ち誇ってとぼけるか…!」
「…え、僕の? 彼女なんか、いないけど…」
「はぁ!? 悠と付き合ってるんでしょー!? いつの間にか人の友達口説いててさー!」
「え、まさか。そりゃ懐いてくれてるみたいだけど、あんな可愛い子がわざわざ僕を選ぶことないでしょ、普通に考えて。虐げられてるからお兄ちゃん扱いしてくれてるみたいだけど…いい子だよね」
「こないだ、デートしてなかった」
「うん、誕生日知らなくてお祝いし損ねてたし、お土産もらったお礼にって一緒にでかけたんだ。楽しかったよ」
「デート…」
「デートって言うと照れるよね。一緒に遊び行った、っていうほうがしっくり来るかなぁ」
「…………え、五紀兄ぃ?」
「ん?」
「それ真面目に言ってる…?」
「え?」
「…………地雷か!! ええと、話変えようかぁー!!」
「? うん。そうだ栖、バイトって何やってるの?」
「CD売ったりレンタルしたりしてるとこ!」
「あ、もしかしてよくアニメ借りてくるレンタル屋さん?」
「社割でちょう安いんだー。特撮見放題やほう」
「僕にもできないかなぁ…」
「できるできない以前に、来んな!」
「えー…」
「五紀兄ぃ懲りないよねー。実はちょっとMの人だよねー」
「Mの人って、何…?」
「…悠ー! この人ツボはツンデレかもよー!!」
コメント
この記事へのコメント
[岩蔭|]・・) (じー…


(・_・、) …がんばる… (トボトボ
2008/08/13(Wed)  | URL  | 悠 [ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。