スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学園祭が終わった日の話。
2008年07月23日 (水) | 編集 |
 彼女は何故か、たまにふらりと現れる。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
ある日の兄弟
2008年06月18日 (水) | 編集 |
「ふっへっへー。五紀兄ぃ見て見てー! 成績上がった! 上がった! 夏はリフボでプールだぁー!!」
「わ、偉いね、栖がんばったんだ。僕は順当に落ちてるなぁ…」
「なんと!(にまぁ) 仕方ないよー天才児も大人になればただの人だよー! ちょっと俺に見せてみなさーい!」(きゃっきゃ)
「恥ずかしいなぁ…」
「俺も見せるから! いくよー、せーのぉ!」

(ぱさっ)
兄日記。
2007年12月24日 (月) | 編集 |
「ふへへ」
 夜ごはんの肉じゃがを持って部屋に行ったら、弟がとても幸せそうな顔をしていました。
「どうしたの栖。嬉しそうだね」
「こりー!」
 コリー? 犬?
「にゃんかわからんけど違います。見て見てー。結社のカワユイおんにゃのこからクリスマスプレゼントもらっちったーヒヒ」
 抱きしめてた羊の形のぬいぐるみ…というか枕?を両手で高々とかざして、弟は至極満足そうだ。
 うーん、かわいい。
「俺ってばすみにおけなーい」
「うん、でも栖?」
「うにゃ」
「本命の人に枕はあげなくない?」
「だって本命とかじゃないも。中1女子だも。いつも寝てて起きるとワタワタしててチョーカワユイよ」
「……そう。良かったね?」
「ふひひ」
 ……何と言うか、不憫な子だなぁ……。
「栖は誰にもあげなかったの?」
「やらん! 俺は貢がれる人!」
「でもほら、団長さんとか、可愛くない?」
「顔カワイイけどハリ怒るからコワイ!」
 ……ほんとに、不憫な子だなぁ……。
暇つぶし。
2007年12月21日 (金) | 編集 |
「ねー、あのさー」
「ん?」
「悪いこと言わないから、カノジョさんとか作ったら?」
「? 何で?」
「そりゃコウコウセイの弟の爪切るよりはカノジョの爪とか手入れしてあげたほうがいくらか建設的だからじゃないかなー……。このつるっつるになった爪、学校で突っ込まれたらどうしてくれんの……」
 風呂上りに爪切ってくれるとか言うから、自分でやるとつい深爪しちゃうし、いいかと思ったのに。
 ちょっとうとうとしてる間にマニキュアでも塗ったみたいにツヤツヤになってた爪の表面を、気の遠くなるような気分で凝視した。
 なんで表面まで削っちゃってるの。なんで爪の手入れ道具なんてフルセットで持ってるの。形もなんかすごいきれいに整ってるし、自分の爪じゃないみたいで気味悪いんですけど。
「だめかな。何か爪ほめられて、くれたんだよね、学校の人が」
「自分で使おうよそんなの。なんで俺で試すの」
「だめかな」
「だめすぎ。ばか。さいてい。もうおむこにいけない」
「お婿は行かなくていいよ」
 なんだと。俺はきれいなオネエサンに囲われて甘やかされて快適に暮らすんだ。……あれ、そしたら爪くらい整ってた方がいいのかなー。
「……何か碌でもないこと考えてるかな」
 うん、まあねー。
ある日の試験勉強風景。
2007年12月17日 (月) | 編集 |
「あああああのさあああああ!? めっちゃやり難いんですけど! 見てられるのむず痒いんですけど! 俺減るよ!? 凝視されると確実に減るよ!? それ可哀想くない!?」
 耐え忍ぶこと2時間。
 いよいよ我慢の限界を迎えた俺は腹筋任せにぐあっと顔を上げて、目の前でプリンの箱を抱えて頬杖をついた兄に吠え立てた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。